ホームページで情報を発信したいという場合に、予算が10万円までと限られた場合にきちんとしたものを作ってもらえるんだろうかという心配がありますよね。はっきり言って10万円ですと、ボリュームの有るものを作ることはなかなか難しい所です。それはなぜかといえば、ホームページの制作費用というのは、どれだけ時間がかかったかということで、費用が発生するからです。

ただし、10万円がホームページの制作の予算だということになったら、それはそれで担当者は諦めないといけないのでしょうか。結論から言うと、そんなことはありません。もちろんなんでもOKというわけには行きませんが、そこそこのものは作れないことはありません。

ですから、ホームページ制作の予算が10万円であれば、それこそ「ホームページ制作 10万円」で検索をしてみましょう。そうすると、いくらでも作る会社が出てきますから、その中で何件か相見積もりをとってみることをお薦めします。

ちなみに冒頭にも書きましたけれども、ホームページの制作費用というのは、簡単に言うと手間賃なんです。だから、時間がかかればかかるほど費用がかかります。なので、まず最初に認識をしておいていただいきたいのは、システム的なものをホームページに加える事は難しいと思ってください。ここで言うのは、例えばECサイトを構築したいので、ショッピングカートなどを実装してほしいというのはまず無理です。

実際に調べてみると、問い合わせフォームはつけますよという会社もありますが、問い合わせフォームには、名前や住所などの個人情報を入力するという点から、SSLがないとやはりユーザーも不安に思うと思います。このSSLと言うのは、インターネット上でユーザーがホームページで情報を発信している会社に対して問い合わせをするときに、暗号化する仕組みなのですが、これは取り入れるとそれなりに費用がかかります。かからない方法としては、レンタルサーバーで共用のSSLを用意をしていることもあるので、それをきちんと利用するという対応を、制作会社がしていたら、その会社は信用できると思って良いと思います。

やはり、問い合わせ等をユーザーがする場合に、その際に個人情報が漏れてしまったら、そのユーザーも、ホームページのオーナーも大きな損害となりますから、そうならないような手立てをきちんとしている会社でないと、やはり信用は出来ない所です。

このように10万円のホームページでは、システムを利用した動的なページを作るのはセキュリティ上でも難しいです。ですから、制作をお願いする方も、基本は静的なページが主体になるということはしっかり認識した方が良いです。もし、システム的なページも予算内でできるという会社がもしあれば、どうしてそういうことが可能なのかどうかということもちゃんとヒアリングをして、納得するまで打ち合わせをする必要があります。