ホームページの制作の依頼する際に、予算が50万円ということだと、ある程度のものができると思いますので、まず、自分たちは何をしたいのかということを明確にすることが大事です。明確にしたら、まずは数社に声をかけてどういう見積が出て、どういう提案書ができてくるのかというのがまずはこのプロジェクトの前段階になります。

ここで、自分たちは何をしたいのかということを明確にすることはとても大事なことです。それはECサイトであったり、ブランディングサイトであったり、あるいは情報を提供するサイトであったりと様々な要望があると思います。その辺りをまずきちんと整理をして、それを制作会社に投げてみたらどうでしょうか。

その時に、そんなことは出来ませんという製作会社は最初から断りましょう。もちろん、こちらが無理難題を言っているのであれば、それはそれで問題かもしれませんが、こういうことをこの予算でやりたいということをきちんとすれば、それに対して出来るように知恵を絞るのが制作会社の役割でもあります。

例えば、ECサイトを構築したいという要望であれば、できるだけ予算がかからないように、しかも、いいものが出来るにはどうしたらいいのかということをきちんと考えてくれる制作会社は信用ができます。例えば、この予算で出来るのはここまでだから、例えば、ECサイトの要件を満たしているホスティングを使いましょうということになれば、制作会社はデザインだけをすればいいわけです。それは難しいシステム的なモノはすでにホスティング会社で用意をしているからです。このように臨機応変に対応をしてくれるというのも、制作会社には必要な要素です。

ホームページの制作に関しては、完全に買い手市場ですので、発注する方もできるだけわがままになってもいいし、そのあたりをちゃんとコーディネイトできるということも、制作会社選定のポイントかもしれません。

以上制作会社選びのポイントをご案内してきましたが、一番大事なのは、制作会社に引きずられることなく、まずは自分たちのホームページをどうしたいのかということを明確にしましょう。

どうして、目的をきちんとした方がいいのかというと、その部分が肝になりますので、不明確ですとホームページそのものがぶれてしまいます。そうすると、ターゲットユーザーもはっきりしませんし、ターゲットユーザーがはっきりしないと、そのユーザーが抱えている問題をはっきり出来ません。そうすると、ホームページでターゲットユーザーユーザーの問題を解消できませんから、ホームページそのものがいいものが出来ません。

そういったところも引き出してくれる制作会社だとなおさら良いです。その辺りもしっかりチェックをしてみてください。