ホームページって5万円以下でできるものなの?

今では集客にホームページは必須のものとなりました。ですので要望が多い事からホームページ制作会社も実にたくさんのものがありますね。中でも目をひくのが5万円以下の制作代金である格安のところです。ホームページ制作は非常に高額であったはずなのですが、いつからか格安ホームページを制作する会社が増えてきました。
5万円以下のホームページとはどの様なものなのでしょうか?その特徴を見てみる事にしましょう。

デザインはテンプレートである

オリンピックのロゴデザインの問題で、デザインのオリジナリティというものに注目される時代となりました。オリジナリティが重視されると、もちろんその分デザイン自体の単価も上昇しますよね。5万円以下でそのような高価なデザインが作れるはずもなく、もちろんデザインはテンプレートであります。

原稿や写真デザインは?

安く売るという事はそれだけお金がかかっていないという事です。つまり写真デザインはフリー素材を使ったり、原稿は文章自動作成ツールを使って作成したりなど、とにかく手間とお金を惜しんだ作りとなっております。

維持費用がかからない理由

5万円以下のホームページだと、維持費用はかからない事がほとんどです。それもそのはず、5万円以下でホームページ制作を請け負うほとんどの会社では、依頼者自身が更新できる手作り感のあるホームページなのです。
つまり、作ったら作りっぱなしでそもそも維持や更新には手を出さないという事ですね。ホームページはただ作っただけでは集客効果がなく、更新して初めてその効果を実感できます。ですので得策であるとはいえませんね。

集客に強いホームページは5万円ではムリ

ホームページを作る事にこだわるのはよいのですが、結果が伴わなければ意味がありません。そのためにはまずテンプレートやコピペではなく、オリジナルのデザインや原稿が必要となります。ですからテンプレートではなくて、オリジナルのものを作るとなるとそれだけで結構な費用が掛かりますから、その時点で5万円というのはありえませんね。
また、ホームページを作った後の更新は非常に重要で、そしてそのために必要な事というのは中々浮かばないですからサポートがあるとありがたいですね。
最低限それらを備えているホームページ制作会社に依頼するとどうしても5万円ではムリかと思いますが、直接的な集客効果を考えるならそこはポジティブに考えるべきなのではないでしょうか。

今やビジネスをする上ではホームページがないと、きちんとした情報を発信ができません。一方で、ホームページを公開したいけれども、それでほんとうに効果があるのかどうかもわからないという不安ももっともで、効果があるかどうかもわからないものに対して、お金なんか払えないよという、当然の意見だと思います。

そんな不安があるところは、できるだけ初期費用を落としたいですよね。ただ、制作会社にただでホームページを作らせるわけにはいかないので、そこははっきりと予算も5万円しか出せませんという態度で良いと思います。

では、5万円でどの程度のホームページが出来るんでしょうか。この答えの見つけ方としては、検索エンジンで「ホームページ制作 5万円」で検索をしてみてください。そうすると、たくさんホームページの制作会社が表示されます。

通常5万円でホームページを制作するというのは、正直厳しいところでもあります。一からデザインをおこしてということだとまず難しい。デザイン重視のホームページ制作会社だとトップページだけでも10万円はかかります。それではどうして5万円でホームページを制作することが可能なのかというと、基本的にテンプレートができていて、テキストを流しこむことで、ある程度のデザインが出来上がってしまうという仕組みです。ですから、安くやってもらう以上は、デザイン的には画一的であることは最初から認識をしておいたほうが良いでしょう。

では、数ある制作会社から選ぶとしたらどうしたらいいか、ポイントを上げておきます。まずは、相見積もりをとって

  • どのようなページ構成を提示してくるのか
  • 営業マンは熱心か
  • 情報を発信している制作会社のホームページのデザインが好みかどうか

この3つがポイントです。特に大事なのは2番目と3番目で、ホームページは一度作ってしまえば、それで終わりというわけではありません。日々のコンサルティングや、どれだけ積極的に対応をしてくれるかということもポイントですね。

ただ、よそも作っているから、乗り遅れないためにホームページを作るというのであれば、このコースが一番費用もかかりませんから、一番コストの低いところでお願いしてもいいでしょうね。それこそ1万円で作ります!という会社もありますので、探してみるのも良いと思います。

一方で、Googleがホームページを評価する場合には、そのホームページがどれだけボリュームがあって、どれだけ日々更新しているのかということもチェックポイントになるので、対検索エンジンのアドバイスをしてくれる会社と付き合うのものビジネスツールとしてホームページを利用するのであれば、必要なポイントです。