ホームページを制作すると、まず初期費用として、ホームページを制作する上で制作費がかかります。ただ、ホームーページを作るとその後の費用が別にかかりますので、今回はその辺りをきちんと知っておく必要があります。

まずは、ホームページを制作したら、そのホームページをどこに設置するのかという問題があります。つまり、ホームページを自社のサーバーで直接情報を発信するのか、あるいはレンタルサーバーで情報を発信するのかというやり方がまずあります。

この場合に、自社でインターネット回線を引いて、サーバーを運営するということになると、

  • 月額のインターネット回線
  • サーバールームの設置
  • サーバーの意地やデーターのバックアップ、それに伴う人件費

などがかかります。そうすると、いわゆるインターネット専業をしている会社でないと、このコストが見合いませんので、大規模なウェブサイトでないかぎり、通常はホスティング会社のレンタルサーバーを利用すれば、ホスティング会社に支払う費用は大体月額数百円〜です。ホスティング会社の場合は、レンタルサーバーのスペースを借りる以外に、

  • データーのバックアップ
  • ウィルスチェック
  • データーベースの利用

等の様々なオプションがありますので、必要に応じて利用しましょう。

次に、ホームページのアドレスを独自で取得した場合、これを独自ドメインと言いますが、こちらも通常はレンタルサーバー会社が代行して取得することが多く、1度取得をすると1年に一度維持費用として、年額で1,000円〜の場合が多いです。

この他の費用としては、ホームページの制作に絡んだ

  • ホームページの更新の作業
  • ホームページに関するコンサルティング費用

などがかかることがあります。

こちらも、その費用を払うことでホームページに利益があるのであれば、これは制作会社に支払う必要がありますが、一方で今はCMSという仕組みがあります。これはCMS=Contents Management Systemと言って、簡単に言いますと、ホームページが自分たちでも簡単に更新ができるシステムです。代表的なものにはWordPressなどがあり、こちらを活用すれば、本来制作会社に依頼をしていたホームページの更新も自分たちでできることになります。ただし、ここで何か失敗をしたとしても、自己責任にということになります。

また、ECサイトの場合は、SEOをする必要がありますので、そのメンテナンスのコストもかかります。SEOと言うのは、Search Engine Optimizationの略称で、具体的には検索エンジンにきちんと評価をしてもらうものです。具体的には、ユーザーがある特定のキーワードを使った場合に、自社のサイトを検索エンジンの検索結果で上位に表示してもらうことで、ビジネスチャンスがかなり違ってきますので、そのメンテナンスは絶対に必要です。

更には新しいサイトですと、検索エンジンのデーターベースでの登録の時期も短いので、AdWordsといったインターネット専門の広告を利用する必要があります。この場合は、検索結果をお金で買うというものです。その場合にも当然広告費用がかかりますので、こちらもいくらかかるのか知っておきたいところですし、広告会社に依頼する場合には、広告の実費以外に広告管理費というのが別途かかります。こちらは通常は、広告費用の10〜20%ほどです。

以上、ホームページを制作をしても、そのホームページを維持するには様々な費用がかかりますので、その周辺についてきちんと把握しておく必要があります。