フランスのワインの中でよく耳にする「シャトー」「ドメーヌ」にはどのような意味があるのでしょうか?フランスのワイナリーにあたることばの「シャトー」と「ドメーヌ」についてご紹介します。

フランスワインの「シャトー」とは?

シャトーとは、ボルドー地方において、ブドウ畑を所有し、栽培、醸造、熟成、瓶詰までのワインの製造を行う生産者のことです。
ただし、上記の定義にあてはまっていなくてもシャトーを名乗る場合があります。
ボルドー以外の地方に多くみられます。

シャトーの特長

フランス語でシャトーは「お城・大邸宅」を意味しています。
ワインの生産には、大きな醸造所やブドウを栽培するために広大な敷地が必要になり、そのためシャトーと呼ばれるようになったと言われています。
シャトーが他の銘醸地と異なる特徴としては「ひとつの畑をひとつのシャトーが所有している」という点です。

ボルドーは五大シャトーが有名ですね

ボルドーでは、シャトーごとに1級から5級まで5段階で格付けがされています。
60ほどあるシャトーの中で、最高峰の1級を獲得しているのが5つのシャトーです。
ボルドーメドック地区にある「シャトー・ラフィット・ロートシルト」、「シャトー・ラトゥール」、「シャトー・マルゴー」、「シャトー・オーブリオン」、そしてそこにクラ―ヴ地区の「シャトー・ムートン・ロートシルト」を加えた5つが、「ボルドー五大シャトー」と言われています。
これらの他のシャトーでは、格付けで何級を取っているのかということは、ワインのラベルを見ただけでは分かりません。
ラベルに記載されているシャトー名を見て、「このシャトーは2級だったな」などと判断する必要があるのです。事前調査と確認が必要なのですね。
これはワイン初心者にはいきなりだと難しいですよね。知りたい場合には、ワインの説明を確認したり、シャトー名から検索して調べてみたり、お店のスタッフに聞いてみることをおすすめします。

シャトーとドメーヌの違いとは?

フランスワインが好きな方であれば、「ドメーヌ」という言葉も耳にされたことがあるのではないでしょうか。ドメーヌはシャトーと同様、ワインの栽培から製造まで行う生産者のことですが、根本的な考え方が異なります。
では、シャトーとドメーヌにはどんな違いがあるのでしょうか?

ドメーヌの特長とは?

シャトーがボルドー地方のワイン生産者の名称であるのに対し、ドメーヌは「ブルゴーニュ地方の生産者の名称」です。(ボルドーでは、ドメーヌはほぼ使わないということになりますね。)
ブルゴーニュ地方は、フランス革命後に国が畑を細分化して農家に分け与えたという歴史があり、小規模な単位でワイン造りをしているドメーヌが多くいます。
ワインの生産量も少ないため、人気のドメーヌが生産したワインは高値で取引されることも少なくありません。

シャトーとドメーヌの最大の違いは何?

ボルドーのシャトーは、ひとつの畑をまるごと所有していますが、ブルゴーニュでは、ひとつの畑を複数の所有者が管理していることがほとんどです。
広い畑になると100人弱もの所有者がいるというケースもあるようです。
ドメーヌによって栽培、醸造、熟成、瓶詰に差がありますので、同じ畑であっても味や価格も大きく異なってくることがあります。
ここが、シャトーとドメーヌの最大の違いでもあり、フランスワインを知っていく面白さでもあります。