「ワインの格付け」というとどんなことを想像されますか?その中でAOCとはどのようなことを示すものなのかをご存知でしょうか?今回は代表的なフランスの格付けのAOCについてご紹介します。

フランスワインのAOCって?

世界最高のワイン生産国とだれもが認めるフランスでは、国で定められたワイン法があります。
長年の歴史の中から導き出した醸造方法やブドウの栽培方法など、試行錯誤のうえ割り出し、1935年に国立委員会が設立され、管理がはじまりました。
(INAO (Institut National des Appellations d’Origine:国立原産地名称機構))
そして、条件を満たしたワインにのみ、原産地の名称を許可するAOCが法制化されたのです。
また、フランスのワインは「国で定めた格付け」と各地区で独自に定めた「地区ごとの格付け」の2種類があります。
地区ごとの格付けまで覚えようとすれば、初心者の方であれば一気にハードルがあがってしまいますが、国で定めた格付けであれば簡単に覚えられますよ!

4つから3つに変わった格付け:フランスのワイン規定 AOC法からAOP法へ

現在、フランスのワイン規定の過渡期を過ぎつつあります。
AOC法は2008年までのワイン表記でした。
最上位のAOCは、ラベルに「Appellation 産地名 Contrôlée」、または「Appellation d’Origine Contrôlée」と書かれています。
実は、日本に輸入されているワインの殆どがこれに含まれます。
試しにご自宅にフランスのワインの空の瓶があるようであれば、ラベルをご覧になってみてください。
値段の幅も1,000円以下のものから数十万するものまで、範囲はかなり広くなっています。
また、2009年からはEUの規定の変更によりAOP法として3カテゴリーに分類されなおされました。
各カテゴリの略語、正式名は図をご覧ください。(上が上級ランクです。)

AOC法
2008年まで
AOP法
2009年から
AOC (Appellation 産地名 Contrôlée, Appellation d’Origine Contrôlée)
原産地呼称統制ワイン
AOP(Appellation d’origine protégée)
原産地呼称保護ワイン
VDQS(Vins délimités de qualité supérieure)
原産地名称上質指定ワイン
Vin de Pays
地酒
IGP (Indication géographique protégée)
地理的表示保護ワイン
Vin de Table
テーブルワイン
Vin de Table
テーブルワイン

AOPの正式名称は「Appellation d’origine protégée」で、日本語をあてはめると「原産地呼称保護ワイン」と呼ばれます。
また、IGPは「Indication géographique protégée」、日本語では「地理的表示保護ワイン」と訳されます。AOPは特定の産地で生産される上級ワインを指し、地域や品種など細かく定められています。
IGPは従来のVin de Paysに相当し、品種、地域などが定められており、「Vin de table」は特定の生産地域の表示がないテーブルワインとなります。
簡単にいえば、AOPが特定の産地で生産される上級ワイン、IGPが生産地域を表示できるテーブルワイン、Vin de tableが生産地域の表示がない下級のテーブルワインという事になります。