フランスのワインは、見た目がやや異なるものが一緒に並んでいます。特にボトルの形状はよくみると違うものがあることをご存知でしょうか?またそれにはどんな理由があるのでしょうか。ボトルの形とそれぞれの意味について探りましょう!

対照的な瓶の形状 ボルドー:ブルゴーニュ=いかり肩:なで肩

産地がわかれば、味わいもなんとなく想像できるのが通の選び方です。
コルクを抜かなくてもワインボトルである程度味を想像することも可能と言えるかもしれません。
フランスのワインの中では、ボルドーワインとブルゴーニュワインは製法の比較に引き合いに出されることが多いようですね。
二つのワインは使用するブドウの使い方・醸造や味わいに加えて、瓶の形状も非常に対照的です。
いかり肩→ボルドーワイン、なで肩→ブルゴーニュワインとよばれていますね。
ボルドーワインはいかり肩の「バーグマン型」と呼ばれる肩幅が広い形のボトルが用いられますが、渋みが強いボルドーのワインは、長期熟成の間に澱が瓶の中にたまります。
そのため、ワインをグラスに注ぐとき、この澱が入らないように肩の部分で受け止められるようにボルドーワインは「いかり肩」になっているというわけですね。
味わいは、ボルドーが渋みの強いしっかりとした味わい、ブルゴーニュは柔らかい味わいとして知られています。

その他の産地によって違うボトルの形

ボルドーとブルゴーニュは一番ベーシックな見分け方でしたが、もう少し細かく見ていくと地域によって様々なタイプがあることがわかります。
背の高い、首が長くてスマートなボトルはアルザス地方の瓶の特長で、フルート型とも呼ばれています。
また、同じ背の高いものでももう少し太めで、茶色のガラスはドイツのライン型、薄い緑色は同じくモーゼル型です。
アルザスはドイツの国境に近く、フランスとドイツの交互に支配された歴史があるため、食文化もワインも、ドイツ色が今なお色濃く残っているのだそうです。